明石市でアジングをされている方のアジを釣るために必要なことは道具


兵庫県の明石市でアジングをされている方より口コミ、アンケートをいただきました。

 

 

・アジングで使用されているタックルは?

シマノのエギングロッドやシーバスロッドなどソアレなど

 

 

アジングでアジを釣るには状況判断と仕掛け

 

 

アジングは本当に皆さんは、身近なところ、特に堤防などの湾内や外海でも内側の港内でやることが多いと思いますが、まずは道具ですよね。

 

 

選ぶポイントがまず大切ですよね。

 

 

まずはどのくらいのサイズの魚がこの季節になればつれるのか、またどのような潮のながれや方向強さがあるのかなどの自然環境の条件などに合わせて道具を選んでいかなくてはいけませんよね。

 

 

激流の中を釣るのと比較的に流れがなくて穏やかなところを狙うことで道具は違ってきます。

 

 

簡単に言えば仕掛けにしてもおなじですよね。

 

 

どのような仕掛けをチョイスするかでもきまってくるのではないのでしょうか?ですから、

 

 

まずは道具はそのような条件に合ったものを選ぶようにしましょうね。

 

 

ML ULなどミディアムとかウルトラライトなどや色んな硬さが存在していると思いますが。

 

 

スポンサードリンク

 

 

アジングをする上でメーカーによる竿の違いは重要

 

 

ダイワの竿やシマノでは根本的に全てがちがってきます。

 

 

私はシマノの竿を使うことが多いのでここではそのような事をふまえて、話をしていきたいと思っていますが、まずは大体は長さ的には1.8メーター前後でしょうね。

 

 

特に遠投をすることとなれば長くなってくると思いますが、取り回しが良いのはこのくらいのながさですよね。

 

 

後は何を竿にもとめているかですよね。

 

 

私は特にアジングの際には、重要にしていることはいかに餌にみせかけることですから硬い竿ではだめですよね。

 

 

ある程度の食い込みの良さを重視した穂先を持っているものを選んでいます。

 

 

最近は特に夜がメインになるので、シマノのタフテックやエキサイトトップなどのかなり食い込み重視の穂先にスパイラルエックスやハイパワーエックスなどのブランクスやエックスガイドの絡みにくいガイドや、後は、リールシートで一日のキャスティングで疲れないものをつかっています。

 

 

キャストしてから、しゃくりをいれて沈降スピードの調節や特にボトムのとりかたには最善の注意を払っています。

 

 

少しのアタリをものにできるかがかぎですよ。

 

 

どのくらいのテクニックとアピールをできる能力があるのかで釣れるのか釣れないのかは決まってくると思います。

 

 

アジングの口コミ、アンケートは以上です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です