千葉県でアジングをされている方の釣り方は?


アジングを千葉県でされている方のアジングの釣り方は?

 

 

アジング 釣り方 仕掛け

 

 

関東でアジングをされている方よりアジングの口コミ、アンケートをいただきました。

 

 

どのような仕掛けでアジングを楽しんでいるのでしょうか?

 

 

アジングの仕掛けはジグサビキ

 

 

私のアジングでの釣り方は、沖に向けて遠投するよりも、立ち位置から30度45度程度でキャストし、少しでも広域を探るようにしています。

 

 

ボトムにジグが着底したら、変化をつけずにワンペースでしゃくりつつ、リトリーブペースの変化にてアジの食いつきを誘う。

 

 

ハイペースで一定にリトリーブしてしまうと、せっかく食い付いたアジの口切れが発生してしまうので、全てのサビキにアジが付かなくても巻き上げてしまいます。

 

 

ジグサビキをする際に、サビキバリは3、5本までにしておくことで、より多くのアジを付けたいという欲を抑えています。

 

 

この際に、ブルー系のメタルジグを使うことでアジがエサを追い回している演出をしています。

 

 

使用するメタルジグは30、40gで、フォーリングスピードをゆっくりにしているので、アジが回ってきていれば落とし込みでも充分にアジが狙えるのがキモ。

 

 

より幅広のメタルジグを使用することで潮の影響を受けやすくできるので、少し潰したメタルジグを使っているのが私の裏テクニックです。

 

 

速いスピードでフォーリングしてしまうと、アジよりもサバが寄ってきてしまうのが経験則から学んだことですので、潮の影響を嫌うアングラーが多い中、私は潮を逆に上手く利用してアジを狙っています。

 

 

フォーリング方法も、リールをフリーにして真っ直ぐ着底させる場合と、着水と同時にベールを戻す場合がありますが、私の使用している薄く広めの平べったいメタルジグであれば、リールをフリーにしてフォーリングさせると変則的な動きが発生してサビキよりもメタルジグを追う大型魚の方が良い反応をします。

 

 

サビキとの接合にショックゴムを仕込んでラインブレイクを回避しています。

 

 

ショックゴムがないと、3割程度キャッチ率が悪くなるのがこれまでのデータで明らかになっているので、少し長めにショックゴムを仕込んで確実にキャッチ数を伸ばしています。

 

 

また、ショックゴムを仕込んでいるので、ソルトゲームでも巻き合わせしておかないとフッキングが浅くなります。

 

 

スポンサードリンク

 

 

アジングは季節を問わず楽しめる

 

 

手軽にいつでも楽しめるのが第一です。

 

 

季節、天候、潮目のどれも関係しない漁港内に回ってきている小アジを根こそぎ狙うのも楽しいですが、外海にいる30cmアップの大型アジを狙うのが今一番アツいですね。

 

 

アジを狙ってのアジングというよりも、イレギュラーで混ざってくる大型魚とのバトルが私にとって最重要なアジング要素です。

 

 

なんといっても、タックルが華奢なのに60cmアップのヒラメやマゴチが混ざってくるのですから、キャッチできるかどうかのリスキーなバトルが発生するアジングは興奮します。

 

 

以上がアジングを千葉県でされている方の口コミ、アンケートです。

 

 

ジグサビキを使用し、ショックゴムをつけているとのことでした。

 

 

アジングは感度の釣りとは言いますが、この方法だとジグ単より感度は落ちそうです。

 

 

ただ、アジを釣るといった意味ではジグ単のアジングよりは強いですね。

 

 

日中、何が何でもアジを持って帰るとの意気込みでアジングをされる方は、メタルジグとサビキの組み合わせはいいかもしれませんね。

 

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です