アジングメーカー


 

アジングの製品を多く開発しているメーカーを、閲覧してみました。

 

アジングの、ワームのみ、アジングの竿のみ、アジングのラインのみなど、アジング用品をピンポイントで開発しているメーカーは、多くありますが、アジングをトータルで開発しているメーカーは実は、少ないです。

 

P1010013_R

 

ここでは、アジングを総合的に開発しているメーカーを紹介します。買う製品に迷ったら、これから紹介するメーカーを見てみてください。

 

スポンサードリンク


 

シマノ

二大釣具メーカーの一角のシマノです。釣りウェアから、釣り糸まで、総合的に釣りをサポートしています。シマノは、リールも開発しています。日本では、シマノとダイワのリールを、取り扱っていないお店の方が少ないぐらい有名なメーカーです。アジングでは、ロッド、ワーム、ライン、針が専用のものを販売しています。

 

ダイワ精工

 

シマノと並ぶ日本の総合釣具メーカーです。ダイワの方が売り上げでは少し多いみたいです。ダイワもアジング専用のロッド、ワーム、ライン、針が専用のものが販売されています。

 

上記に紹介したメーカーは、日本の総合釣具の二大メーカーです。
迷ったら、これらのメーカーの商品を買えば無難です。

 

今から紹介するメーカーは、アジングに特化したメーカーです。

 

ティクト

 

アジングをメジャーにしたメーカーと言っても過言ではありません。
 
アジをワームで釣る釣りの歴史を切り開きました。アジングで、モノフィラメントラインをメジャーにしたのもティクトです。

 

それまで、アジングはメバリングの延長戦上と捉えるメーカーが多い中、ティクトでは、専用ロッド、専用ライン、専用ワーム、専用針を開発しました。

 

34

 

ティクトでアジング用品の開発を行っていたヤベ氏が独立して、立ち上げたメーカーです。
 

やべ氏はアジング界のパイオニアと言っても過言ではないほどの人物です。34では、専用ロッド、専用ライン、専用ワーム、専用針など、様々なアジング専用が出ています。

 

私が持っている竿、RSR-60も34が手掛ける竿です。

 

 

最後に、今までアジング専用と記入してきましたが、アジングだけでしか使えないと言うことではありません。他の釣りでも戦力になる商品ばかりです。

 

スポンサードリンク

 

アジングのサイトです。仕掛け、ロッド、リール、ラインなど