アジングはフォールが大切です


フォールを征するものがアジングを征する

 

 

最近のアジングは、フォールが主流です。昔は、メバリングの外道として、楽しんでいる方が多かったので、リーリングの釣りと思われている方が多いかもしれませんが、アジングはフォールの釣りです。ただ、リーリングでも釣れます。でも、フォールの方が反応がいい場面が多いです。

 

P1010430_R

フォールの種類はさまざまで、フォールと一言で言ってもいろいろあります。ノーシンカーによる遅いフォール、1グラムのジグヘッドの標準的なフォール、メタルジグなどのリアクションの反応を求めるフォール、竿先でテンションを張ったまま追尾するフォール、竿先を止めラインを張ってフォールさせるカーブフォール(テンションフォールとも言います。)など、様々なフォールがあります。

 

基準は、1グラム前後のフォールです。大体はこのフォールで反応してくれます。基準のフォールでアジから反応があれば、そのまま釣りを続けます。反応がなくなった時、反応がいまいちな時は、ジグヘッドの重さを変えたりして、反応が得られるフォールを探ります。

スポンサーリンク

スローなフォールは、アジの活性が悪い時、反応がいい場合が多いです。日中多用するのがメタルジグの釣りです。日中はリアクションバイトを狙う場合が多いので、メタルジグを使います。竿先で追尾をする時は、1gぐらいのジグヘットでスローに攻めたい時に使います。風が少しでもあると、ノーシンカーのリグは沈まないので、この方法で探ります。カーブフォールは常にラインが張っているので、アタリがとりやすく初心者の方におすすめです。

 

アジングは、一見単純のように見えて、実は奥が深い釣りです。活性が高いと、単純な方法で簡単に釣れますが、活性が低い時は自分の引き出しが多いほど釣れる確立が高くなります。活性が低い時こそ腕の見せ所です。上記の紹介したフォール以外でも、ワームのつけ方でフォールを変える人もいます。

 

アジングは、まだ未開拓な部分が多いので、貴方だけのフォールが見つかるかもしれません。フォールを征する物は、アジングで有利に釣りを展開することが出来ます。

アジングのサイトです。仕掛け、ロッド、リール、ラインなど