アジングはジグヘッドの重さで釣り方を変える


アジングはジグヘッドの重さで攻略する。

 

アジングで、釣り方を変える方法のひとつに、ジグヘッドの重さを変える法方があります。重さを変えてフォールスピードを変えます。

 

ジグヘッドによっては、ダートが得意なジグヘッド、グローのカラーリングが施されたジグヘッドなど、ジグヘッドと言っても様々です。

 

P1030598_R

 

私のタックルボックスに入っているジグヘッドです。二つほど針にガン玉を打った自作のジグヘッドがあります。この画像に映っているジグヘッドは一部です。

 

スポンサードリンク

 

重さ違いで何種類か持っています。はっきり言ってこれだけ持たなくても大丈夫です。これから道具を揃えるのなら、最低でも三種類の重さを用意することをオススメします。

 

0.6グラム、1グラム、1.5グラムを用意した方がいいです。この三種類あれば何とかなります。

 

食いが悪い時は、フォールのスピードを変えたりします。私は、1グラムか1.3グラムのジグヘッドを基準で攻略します。

 

あまり思いジグヘッドは使いません。アジは、餌を吸い込んで捕食します。捕食する時にリグが重いと抵抗になり、吸い込みの勢いが弱くなります。

 

吸い込みが弱いと口の奥までリグが入らず、針に掛からない時もあります。

 

もし、アタリはあるけど、針にかからない時があれば、リグを軽くしてください。軽くすると針にアジが掛かってくることがあります。

 

反対に、まったく反応がないポイントで、ジグヘッドの重さを重くしてフォールスピードを上げます。そうすると反応してくれるアジもいます。ダートが得意なジグヘッドが反応がいい時もあります。

 

ジグヘッドの種類を持っていると、それだけで引き出しが増え、アジを釣るのが用意になります。是非許す範囲でジグヘッドを揃えてください。

 

スポンサードリンク

 

アジングのサイトです。仕掛け、ロッド、リール、ラインなど