アジングの餌釣りと違う点


アジングの勝る点

 

今までは、陸からアジを釣る時は、サビキでアジを釣るのが一般的でした。近年は、ワームでアジを釣るアジングが人気です。

 

 

アジングは、正直に言いますと、サビキで釣るよりかは、はるかに難易度が高いです。

 


サビキは、数本の針が付いた仕掛けを使います。針の先には鯖皮などの疑似餌が付いています。餌はハリスの端、上下どちらかにアミエビを入れるカゴを付けて、その中に餌であるアミエビを入れます。

 

 

エサを使うので、アジを寄せる効果は、ワームを使うアジングとは比べ物にならないほどの集魚力があります。

P1020979_R

 (アミエビを入れるかごです)

ある程度こちらから寄せていく必要はありますが、アジングに比べてこちらから寄っていく工程は少なくてすみます。なんでもいいからアジを釣りたい方には、アジングより、サビキ釣りの方が断然おすすめです。

 

 

 

ただ、サビキ釣りにもデメリットはあります。
サビキは複数の針を使うので、服などに引っ掛かり穴をあけてしまう可能性があります。特に釣りに慣れていない、初心者、子供は細心の注意が必要です。一度針に刺さってしまいますと、針の先端にあるモドリの影響でなかなか抜けません。

 

P1020985_R

私は昔、サビキではありませんが、ルアーの針が抜けなくなったので、病院で抜いてもらったことがあります。抜いてもらうまでは、ルアーがぶら下がっており、激しく揺れるたびに痛みを感じたことを今でも覚えています。

 

 

サビキのデメリットはエサにもあります。
サビキとルアー釣りの最大の違いでもあるエサ

 

サビキに限ったことではありませんが、強烈な匂いを発します。

 

エサ釣りの中でもアビエビは、匂いがきつい方で、一度触ってしまうと、一回水で洗ったくらいではまず落ちません。何度か洗剤で洗う必要があります。汚れるのは手だけではありません。道具も汚れます。

 

 

アミエビをカゴに詰めて、一回一回手を丁寧に洗っていては地合いを逃します。

 

アジなどの回遊系の魚は、足が速いので、自分のいるエリアに回って来た時には、集中して釣らなければなりません。この魚が一気に釣れだす時間を地合いと言います。

 

 

地合い中は、仕掛けをいち早く投入する必要があります。そんな時に、手を丁寧に洗っていては、本来アジが10匹釣れるのに2匹しか釣れなかった。なんてことになってしまいます。

P1010303_R_R

 

道具にアミエビが付いてしまい、そのまま車に入れて帰ると、車にアミエビの匂いが付いてしまい、簡単にはアミエビのニオイは落ちません。

 

 

エサ釣りは魚を釣ることには特化していますが、行くまでの準備、行ってからの後処理が大変です。

 

スポンサーリンク

サビキのデメリットは、アジングでは問題ありません。

 

 

まず針の問題です。

基本的にアジングは、針一本です。
針一本でも刺さる時は刺さりますが、サビキよりは圧倒的に大丈夫です。一本の針だけ注意をしていればいいので、数本注意するサビキよりかは、刺さる確率がぐっとさがります。

 

 

あとは、エサのニオイ問題です。ルアー釣りは、エサは使いません。ただ、匂い付ワームを使うと、エサ釣り同様結構な匂いがしますのでこの限りではありませんが、私は匂い付ワームは、キスをルアーで釣るキッシングでしかつかいません。

 

P1020987_R

(臭いつきワーム)

 

アジングでは、匂い付ワームは使いませんので、タックルにエサの匂いが付く心配もありませんし、車にも匂いがうつる心配もありません。

 

 

ただ、魚を素手で触ると匂いが付きますが、アジングではアジバサミを使うことが多いので魚の匂いも手にはつきません。

P1010709_R

 

サビキでは、アジバサミはあまり使わないので素手に匂いが付きますが、これは別にサビキはアジバサミを使ってはいけない、との取り決めはありませんので、サビキの方でもご自由にお使いください。

 

 

 

アジングは、タックルを揃えてしまえば、エサを買うのにお店の開店時間を心配する必要もありません。

 

時間がある時、思い立ったら、タックルさえ手元にあれば釣りに行けます。

 

 

車に積みっぱなしにしておいて、時間のある時に釣りに行く、なんてこともできます。

 

アジングのオススメポイントは、手軽さです。

アジングのサイトです。仕掛け、ロッド、リール、ラインなど