アジングの適水温


アジングの適水温は16~20℃です。

 

アジは条件が整えば、この水温以外でも釣れることはあります。でも、適水温の時が一番反応はいいです。アジはもともと熱帯の魚で、暑さには強いですが、寒さには弱く、急激に水温が下がると活性がかなり悪くなります。

 

水温が1℃下がると、魚は3℃下がるのと同じと聞いたことがあります。冬の時期は、急激な水温低に注意が必要です。

 

水温の見極め方は、気象庁のホームページで、おおよその水温は把握できます。ただ、水深、地形によって水温は変ってきます。一番確実なのは、その日いける一番緯度が低い場所を目指すと、アジが釣れる確立は高いです。

 

スポンサードリンク

 

後は、温水が排水している場所は、周りより水温が高いので、魚が集まりやすい傾向にあります。

 

夏は、海水温が30度近くまで上がる場所もあります。夏の場合は、海水温度の上昇と言うよりは、海水温の上昇に伴うプランクトンの増加で、酸素濃度の低下によりアジがいづらくなります。

 

酸素濃度とプランクトンが引き起こす最悪の事態は、赤潮です。赤潮が発生している地域での釣りは、避けた方が無難です。

 

夏場は、河口付近にアジが集まることもあります。河口付近は、水温が他のエリアに比べて比較的安定しているのもあり、河口付近にやってきます。

 

夏場思わぬ大物に出会えるのも河口付近の魅力です。夏場は、下のようなサイズのアジが主役です。8センチのアジです。

 

DSC_0022_R

 

アジングは、適水温にある程度こだわった方がいい釣果にめぐり合える確立は高いですが、こだわり過ぎる必要はありません。海は、何が起こるかわかりません。とりあえず言ってみることも大切です。

 

スポンサードリンク

 

アジングのサイトです。仕掛け、ロッド、リール、ラインなど