アジングの攻略はボトムが鍵


アジングで底を攻めるのは大切なことです。

 

 

ルアー釣りは、魚のいる場所で釣らなければ釣果は見込めません。アジングも同じで、アジがいない場所で釣りをしていても、釣れません。これは、深さも同じで、アジのいる深さへリグを送り込まなければ、釣れません。

 

 

ただ、10cm違うだけで釣れないなんてしびあなことはなく、大体レンジが合えば釣れます。私は、1グラムのジグヘッドを使用する時、5秒刻みで探っていきます。「ここには絶対アジがいる!」と確信した時は、3秒おきに探る時もありますが、大体は5秒で大丈夫です。秒数を刻んでいき、最終的にボトムへリグを送り、着低させます。その後反応がなければフォールを変えたり、ワームを変えたり釣り方を変えます。

 

スポンサーリンク

アジは、外敵がいるとレンジが深くなる傾向があります。それまで中層で釣れていたアジが、アオリイカ、シーバスなどの外敵が接近すると、レンジが深くなる傾向にあります。これは、人間がプレッシャーを与えた時も同じで、人的プレッシャーでアジのいるレンジが深くなります。

 

 

アジにはもう1つ傾向があります。大きなアジほどレンジが深く、底付近にいることが多いです。表層では、小さなアジが占領していて、リグを入れていくと方が大きくなることがあります。この時、底付近で釣れる魚が一番大きくなることが多いので、底付近で自分が求めるサイズが出ない時は、移動した方がいいです。

 

魚魚

底を探る時、一番心配になってくるのは、着低したかどうかです。高感度のアジングタックルなら分ります。34のアジングロッドPSR-60タックルバランスが取れればわかります。ただ、慣れが必要です。底がわからない人は、錘の重さを重くすれば、底は獲りやすくなります。重い錘プラス、テンションフォールで底は獲りやすくなります。

フォール

 

 

緑色がフリーフォールです。紫がテンションフォールです。テンションフォールは、ラインを張るので着低が分りやすい反面、手前にリグが来てしまいます。フリーフォールは、手前には来ませんが着低を判断するには、少々コツが入ります。着低が分らない人におすすめな方法は、テンションフォールで、20秒で着低した場合、フリーは20秒以内で着低するので、最初は、フリーフォールで底を獲り、そのカウントでフリーで低を取り、徐々にカウントを最適化していきます。

 

 

この作業は、一見大変そうに思えますが、5回もキャストすればほとんどカウントの最適化が出来ます。アジングでボトムを攻略することは、サイズと数を狙うためには、必須事項です。

 

アジングのサイトです。仕掛け、ロッド、リール、ラインなど