アジングのメタルジグ、カブラ、スプーン、ミノー


アジングで使えるルアーは、ワームだけではありません。
ただ、ほとんどの場合、アジングはワームだけで十分です。

 

私自身も今はワームオンリーで、アジングを展開しています。ジグヘット単体とキャロライナリグとSキャリーをリグった竿を、三本釣り場に持ち込みます。

 

でも、メタルジグは、デイゲーム用にタックルボックスには何個か入っています。デイゲームの特性上メタルジグが有利になる時があります。

ラパラ [Rapala] 五目ジグ [5g/UVSB] 【02P01Feb14】【RCP】

メタルジグはフォールスピードの速さと落ちていく時のひらひらで、リアクションでのバイトを誘発します。さらに、その形状から飛距離もかなり出ます。

 

ジグは、このほかに3グラムも持ち込みます。
使う人は夜のアジングでも メタルジグを使う人も居ますが、私は日中の釣りに使います。日中のリアクションバイトが目的ですので、カラーはグローより反射するカラーを選びます。

 

上の画像リンクは、世界的有名な釣具メーカーラパラが手掛けるメタルジグです。

 

 

P1030593_R

 

上の写真はカブラです。正面右がアジングで使うカブラです。昔カブラも使ってアジングを展開していましたが、あまり釣果がないのでやめました。

 

その他に、スプーンと、ミノーによるアジングもありますが、私は使っていないのでよく分りません。ミノーはシーバス、黒鯛、青物などの他のフィッシュイーターを狙う時と、同じ感覚で使えばいいと思います。

 

スポンサーリンク

 

今まで紹介してきたプラグの利点は、セットが簡単であること、持ちがいいことです。セットは、リーダーを付けた先にルアーをセットすれば後は、投げるだけですし、ルアーの持ちは、壁に思いっきりぶつけない限り、壊れることはまずありません。

 

この中で私が一番おすすめするのは、日中のメタルジグです。

アジングのサイトです。仕掛け、ロッド、リール、ラインなど