アジングのソリッドとチューブラー違い


釣り方が違うティップ・ソリッドとチューブラー

 

ティップとは、穂先のことです。竿には2種類のティップがあります。ソリッドティップとチューブラーティップです。

 

 

ソリッドティップは、穂先の中が詰っている穂先を指します。ソリッドディップは、しなやかです。しなやかなので食い込みがよく、俗に向こうあわせのソリッドディップと言われています。

 

スポンサードリンク

 

チューブラーティップは、穂先の中が空洞の穂先を指します。チューブラーティップは、太くて張りがあります。張りがありますので、ルアーを接客的に動かす釣りに向いています。積極的に掛けていくチューブラーティップと言われています。

 

P1030595_R

 

画像は、バリバスのアジングマスターです。画像では分かりづらいかもしれませんが、穂先の部分だけ素材が変っています。

 

この竿は、穂先を変えることで、乗せ調子と掛け調子を変えている竿です。

 

アジングで多いのはソリッドティップです。ソリッドティップが多いですが、積極的に掛けていく竿が多いのが、今のアジング界です。

 

穂先のソリットティップだけは乗せ調子ですが、全体的に張りがある竿は、こちらからのフッキングを確実に針先に伝えてくれます。

 

もっとこちらから掛けたい時は、チューブラーティップを使ってください。ティップは好みで選んでいただいて大丈夫ですが、ティップに必要以上にこだわる必要はありません。

 

竿はティップだけでは、竿自体の性能は、決まりません。竿には軸の使用カーボンで張りが変わりますし、ガイドの種類でも感度は変わります。全体を俯瞰して選んでもらうほうが失敗がなくなります。

 

 

スポンサードリンク

 

 

アジングのサイトです。仕掛け、ロッド、リール、ラインなど