アジングのシーズン


魚釣りには、その魚が最も釣れるシーズンがあります。俗にハイシーズンと言います。アジングにもシーズンがありますが、アジングは場所によっては周年狙えます。

 

私の住んでいる地域では、周年狙えます。
アジは水温10℃を下回ると釣るのが難しく、10℃を下回る地域の海では、より暖かい水温を求めて移動します。ただ、水温は、深さによって変り、水温は深くなるにつれて水温が安定します。

スポンサーリンク

春のアジングは難しい

 

春のアジングは、一年の中で一番難しいと思います。
春は、アジの産卵シーズンです。産卵を控えたアジは、産卵の為に餌を荒食いしますが、産卵に入ると、ほとんど口を使いません。アジを常夜灯の下で見つけて、リアクションバイトからノーシンカーまで引っ張りだしましたが、全然反応しません。こうなれば、アクティブになっているアジの群れを探した方がいいです。

 

 

小型の夏

 

小型の夏は、うまく行けば数が釣れますが、かなり繊細で難しいです。水温が高くなると問題になってくるのは、赤潮などの水温悪化です。水温悪化はアジングにも影響があり、水温が高く、海水の環境が悪い時は、河口などが狙い目です。

DSC_0022_R
8cmのアジ

 

秋はアジングのハイシーズン

 

秋はいろいろな魚のハイシーズンです。アジも活発的に餌を求めて捕食活動をします。アジングを始めるなら秋がおすすめです。夜の気温も、昼の気温もすごしやすくなりますし、水温が高くなっていた地域でも水温が下がって、来てアジが広範囲で釣れ始めるのもこの季節です。

 

 

冬は型が狙えます。

 

P1010293_R

 

外気温がマイナスでもアジは釣れます。
ただ、水温が低い日が続きますと食い渋り、最悪の場合は、そのエリアはアジが移動してしまいます。冬のアジングは、サイズもよく、アジの脂も乗っていることから、私は、冬に好んでアジングをします。

 

寒さが厳しくなるにつれて、釣れるポイントが南下する傾向がありますので、冬のアジングで確実に釣りたい方は、その時に行ける最南端のポイントへの釣行をオススメします。

 

 

 

 

 

アジングのサイトです。仕掛け、ロッド、リール、ラインなど