アジングのコツ


アジングのコツは感度にあり

 

アジングをするに当り、タックルはほかの釣りに比べて大切です。

 

なぜ、重要か

 

それは、アジのアタリにあります。

 

アジングをしていて、アジのアタリは千差万別です。

 

活性が高い時は、アタリが明確でゴン!!と手元に伝わってきますが、活性が低い時は、かなり優しい当り方で、次のアクションをする時にフッキングすることもしばしば

 

P1010011_R

ただ、アジの捕食シーンを見たことがある方なら、お分かりいただけると思いますが、アジは吸い込んだリグを違和感があれば一瞬で吐き出します。

 

この時、折角アジがリグを吸い込んでいるのに、フッキングできないとアジを一匹逃したことになります。

 

でも、この場合は仕方ないと、割り切るしかありません。一番問題なのは、アジをかけてやり取りの途中で逃がしてしまうことです。

 

アジングにおいて、バラシはかなりダメージが大きいです。

 

アジは、ほとんどの場合群れで移動します。

 

アジングは、アジの群れにリグを落とすので数も釣れます。

 

しかし、アジを途中でばらしてしまうと、群れが散ってしまったり、ほかのアジが警戒してしまいます。

 

アジングで数を伸ばすコツは、ばらさないことです。

 

ばらさない、口では簡単に言えますが、プロの方でもばらすのでばらさないのは、正直無理です。

 

スポンサードリンク

 

でも、ばらしを少なくすることは出来ます。

 

1つは、腕を磨くことです。どんなことでもそうですが、慣れは非常に重要なことです。慣れてくればアタリも分りますし、体も勝手に反応するようになります。

 

2つ目は、タックルの最適化です。

 

私は、アジングロッドを三本持っています。今、ジグヘッド用にしている竿は、最初の二本よりは、確実に感度がアップしています。ただ、ほかの日本のロッドよりは、お値段はお高いです。

 

あと、タックルからくる感度は、ラインが重要になります。

 

ポリエステル系モノフィラメントラインは、伸びが少なく、感度がいいラインではありますが、かなり特殊なラインで、急激な力ですぐに切れてしまいます。

 

アジングにおいて、急な力が掛かる瞬間は、アワセを入れる時です。よくスイ-プにあわせるといいますが、慣れなければ難しいです。でも、急なあわせは、ラインブレイクを起こしてしまいます。

 

ただ、これはリールのドラグ性能、タックルの初期の動きなどで、防げます。今、私はアジングでは、ポリエステル系モノフィラメントを使っています。手放せません。

 

3番目は、針先を鋭利に保つことです。

 

私だけかも知れませんが、針が切れない限りは使いまわします。

 

シビアにアジングをしている方は、1回1回針を新品に交換するかもしれませんが、そこまでする必要はないと思いとおもいます。

 

やはり、針先を鋭利に保つことが重要です。

 

これは、アジングに限らず、釣り全般に言えます。

 

針先を鋭利に保つ方法は、針を新品に変えるだけではありません。

 

針先を研げば、鋭利に保つことが出来ます。

 

 

私は、釣り用のシャープナーを使います。

 

爪に当てて滑ってしまえば、研ぎます。

 

P1010483_R

アジングで数を伸ばすコツは、ばらさないこと、ばらしを少なくすることです。次回は、アジングで最初に釣るコツを解説します。

 

スポンサードリンク


 

アジングのサイトです。仕掛け、ロッド、リール、ラインなど