アジングのクーラーを改造する。


アジングを便利にするためクーラーボックスを改造する。

 

 

アジングで釣果を上げる為、釣りを効率的に運ぶことが重要です。釣りをより効率的にするため、私は、クーラーボックスに竿縦をつけました。

 

 

P1010196_R

私は、アジングで複数タックルを持ち込みます。ジグヘッドタックル、キャロライナタックル、Sキャリータックルです。でも、釣りをしている時は、一本しか使いません。他の二本は置いておかなければなりません。立てかける物があれば立てかければいいのですが、ない場合は地面に置くしかありません。

 

でも、地面に置くと誤って踏んでしまったり、人に踏まれたり、タックルがキズ付いたりと、出来れば地面には置きたくないものです。使わないタックルを安全に保管する方法として、私が取った方法は、クーラーボックスにロッドフォルダーを付ける改造をする方法でした。

 

DSC_0020_R

上の写真は、改造したクーラーボックスです。最初は、メーカー品を買ってつける予定でしたが、七リットルのクーラーボックスだと買って来たロッドフォルダーが大きく付きませんでした。付かなかったので自作をしました。

 

 

このフォルダーが、左右二個づつ付いていて、バランスを取れるようになっています。ロッドフォルダーの底にはゴムが付いており、地面と接しますので、ロッドを立てた時、クーラーと接しているネジ部への負担が軽減されるようにしてあります。買って来た部材の内径が少し小さかったので、34のPSR-60をセットするときつかったので、少々内径を削って広げてあります。

 

使用しているネジは、錆びも考慮し、ステンレスを使用しています。ロッドフォルダーとクーラーボックスの間には、ゴムと接着剤で冷気が逃げるのを防いでいます。クーラーボックスを改造したおかげで釣り場では、使っていない竿の置き場に困りません。クーラーボックスの改造は簡単に出来ます。もし、竿の置き場に困ったら、クーラーボックスを改造してみてはいかがですか??

 

 

アジングのサイトです。仕掛け、ロッド、リール、ラインなど