アジングのアクション


 

アジングは、フォールの釣りです。
リールを一定の速さでまく、ただびきでも釣れますが

 

反応は、リグを落とし込むフォールの方が、反応がいい場合が多いです。

 

Cut2014_0109_0755_17

 

最初に紹介するアジングのアクションは、唯引きです。

 

最初にフォールの釣りと言ったのですが、ただびきが反応がいい時があります。

 

特に、活性が高い時はただ引きでもガンガン当ってきます。

 

スポンサードリンク

 

ただ引きで釣れると、勝負が早いですし、何より簡単です。
 

稀に、ただ引きでしか当ってこない時もあります。

 

Cut2014_0109_0755_53

 

次はL字釣法と呼ばれるアクションです。

 

線の色でアクションを分けました。

黒い部分は、リグを沈めるフォールです。

 

赤い部分は、ロッドを引っ張る感覚で引いてきます。大体50センチぐらい引いてくる感覚です。

 

緑の部分は、すばやくロッドを小刻みに引くトゥイッチです。

 

これの繰り返しで手前まで寄せてきます。

 

最初のフォールのカウントを変えてレンジを探ります。

 

アタリがでるタイミングは、赤の部分が多いので、引いてくる時は集中してあたりを取ってください。違和感があれば、あわせる感じです。

 

L字釣法は、アジングの基本と言っても過言ではないくらいです。

 

是非、習得してください。

 

Cut2014_0109_0755_35

 

次は、フワフワ釣法です。

 

絵に描いてみると、N字に見えるので、N字釣法と呼んでもいいかもしれませんが、フワフワ釣法です。

 

このメゾットの肝は、優しくアクションを加えることです。

 

先ほどのL字釣法の時は、緑の線の部分は、すばやくアクションを加えましたが、フワフワ釣法では、優しくアクションをします。

 

黒の部分は、フォール
緑の部分は、ロッドを上に引き上げます。

 

感覚的には、サビキをサビク感じです。
このメゾットは、活性の悪い時などに使います。

 

この他にもアジングのアクションはいろいろあります。
でも、この三つでほとんどの場合釣れます。

 

この三つプラス流れの変化を使うと更に引き出しは増えます。

 

スポンサードリンク

 

アジングのサイトです。仕掛け、ロッド、リール、ラインなど