アジングで釣るために必要なのは軽量ジグヘッドで見つけること


アジングで必要な物は軽量ジグヘッド

 

 

神奈川県でアジングをされている方の必勝パターンはどのような釣法でしょうか?

 

 

・アジングはどこでされていますか?
神奈川県

 

・アジングでの使用タックルを教えて下さい

ロッド・・・ダイワ月下美人

リール・・・シマノNASCI C2000

ライン・・・ピンキー0.6号

 

 

アジング 釣り方

 

 

アジングは年中楽しめる釣り

 

 

アジングは軽装備で年中楽しめる気軽な釣りです。

 

 

ただ同時に細いラインと超軽量な重りで細かなアタリを探る繊細で経験が必要な釣りです。

 

 

経験を積むためにまず魚がいるポイントにルアーを投げないと話しにならないため、軽量ジグヘッドでの正確なキャストとタナを正確に把握する技術は必要でしょう。

 

 

これができればアジのヒットは経験できますし、以降はいかに数や大きさをいかに上げるかのプラスαな技術になってくるかと思います。

 

 

アジング はタナを正確に把握し、反応があった場所へ続けてルアーを投げることが大きく釣果を左右します。

 

 

そこで私は最初の10〜15キャストまでどんなポイントでも(あまりの強風や速い潮の場合は別ですが…)必ず0.8号のジグヘッドを同じ位置にキャストし、着水後「5秒、10秒、15秒…」と正確にカウントし当たりレンジを探っていきます。

 

 

反応が無ければ別のポイントへまた同様にキャストし当たりのポイント/レンジを探ります。

 

 

この際ワーム種類/色は変更しません。

 

 

もちろんその日のヒットカラーはあるかと思いますが、ヒットワームを判断するよりまず当たりのポイント/レンジを探ることが重要だと考えているからです。

 

 

ワームをセコセコ変えていては時間も無駄ですし、釣れてもワームでヒットしたかレンジでヒットしたか判断がつかなくなり、余計な手間がかかってしまうのも理由の一つです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

アジングのアクションは夜と昼とで違う

 

 

着水後のアクションはナイトアジングはリフト&フォールを糸の張りを意識しつつ、スローに繰り返していきます。

 

 

夜のアジは非常に活発ですが、細かくシェイクをしているとすぐにソッポを向き別のところに行ってしまうせっかち屋なので、スローなアクションが一番効果的だと思います。

 

 

逆に昼にアジングを行う場合はアジにルアーの存在を気づかせる必要があるため細かなアクションが重要です。

 

 

着水後フォールが終われば、シェイクを加えたりアクションをつけながらズル引きで巻いていくなど、とにかく水中でルアーを目立たせる事を意識しながら釣りを行うことが有効でしょう

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です