アジの美味しい持ち帰りの仕方


青魚全般に言えることですが、時間が経つと生臭くなってきます。
「スーパーのアジの刺身を食べたけど臭かった」なんて経験ありませんか??

 

釣った魚を美味しく食べるためには、釣った後の処理が重要になってきます。

 

 

釣って、クーラーに入れる前に血抜きをする。
このひと手間が必要です。

 

P1010434_R

 

エラの下の部分にナイフを入れて、血抜きをします。この時生きている方が血は抜けます。ナイフで切った後は、海水を汲んだバッカンにアジを入れて、血を出します。ある程度、血が抜けてからクーラーに入れます。

タカ産業 キャプテンバッカン 40cm

私は、バッカンに紐をつけて海水をくみ上げます。
ただ、一杯まで入れると、かなり重いのでご注意を

 

重いと思われる方は、このサイズより一回り小さいバッカンもあります。
私は、尺以上のアジが釣れる場所もありますので、小さいバッカンですと、すぐに一杯になり、地合いを逃す可能性がありますので、大きめのバッカンを使っています。

 

血抜きしたアジを入れるクーラーボックスは、砕いた氷に海水を入れ,キンキンに冷えた海水を作ります。

 

なぜ、海水かと言うと、浸透圧の関係で、真水ですとアジの身に水が入ってしまいます。こうなると美味しくありません。

 

砕いた氷は、漁港などにある製氷機から買うと、かなりお得に買うことができますが、一般販売していない漁港もありますので、ご注意を

 

通常ここまですれば、臭みもなく美味しく食べれますが、もう1つ工程を増やすことで、更に美味しくいただけます。

神経締め 鮮度たもつ君 ミニ 直径0.5×23cm【釣具のポイント】

神経締めをすることで、死後硬直を抑えられ、美味しくいただけます。
神経締めは簡単です。魚の背骨の中にワイヤーを通すだけです。

 

血抜き、海水氷、神経締めで釣ったアジを美味しくいただけます。

アジングのサイトです。仕掛け、ロッド、リール、ラインなど